退職代行

退職のことで悩んでいませんか?そんな時は弁護士にご相談ください

・今すぐ辞めたい
・残業が多く全く休めない
・上司に言い出せない
・辞めさせてもらえない
・もう会社に行きたくない
・忙しく辞めるのは申し訳ない
・人手不足で迷惑がかかる

退職で揉めた、そんな時こそ弁護士にご相談を

会社を辞めたくても言い出せない、辞めさせてもらえない。
そのようなことでお悩みであれば、ぜひ弁護士にご相談ください。
そのようなお悩みを迅速かつ丁寧にサポート致します。

退職代行を弁護士に依頼するメリット

自分で退職の意思を伝えなくても良い
会社に行かず誰にも会うことなく退職できる
精神的な苦痛から解放される
法的トラブルにも対応可能

当事務所の退職代行サービスの特長

1:初回相談料無料

初回のご相談の相談料は時間にかかわらず無料です。

2:費用体系が明確

正社員 55,000円 (税込)
パート・アルバイト 33,000円 (税込)
という明確な体系で費用を頂いておりますのでご安心下さい。但し、労働審判、訴訟になった場合には別途着手金が必要となります。

3:弁護士が直接ヒアリング

当事務所では、弁護士が、ご依頼者様の退職の経緯やご不安を丁寧にヒアリングしていきます。

4:最短で即日の対応可能

最短で、打合せもお問い合せ当日にできれば、同日に退職通知を発送することが可能です。

退職代行とはどのような場合に利用すべきか

退職をお考えの方の中には、過去にパワハラやセクハラを受けたという方もおられますし、上司に退職の話をしても、無視されている方などもおられます。
そのような方が、ご自身で、会社との間でやり取りをして、退職まで漕ぎ着けるのは非常に重い精神的負担となります。
そのような時に、弁護士にご依頼を頂ければ、ご依頼者様の代理人という立場で会社に退職の意思表示をし、窓口となることができますので、精神的な負担から解放されることが可能です。ご不安なことは遠慮なく弁護士にお話しください。

法律事務所 絆の退職代行の弁護士費用

相談料 無料
着手金 正社員:55,000円(税込)
パート・アルバイト:33,000円(税込)
報酬金 無料
諸費用 無料
オプション費 未払い給料・未払い残業代・退職金等の請求の交渉に関して、着手金無料・成功報酬経済的利益の20%+消費税(但し、訴訟・審判になった場合は別途費用を頂きます。)

退職代行のよくある質問

退職代行でご相談から退職まで、よくいただく質問をご紹介いたします。

Q:本当に退職できますか?

A:退職は、労働者の権利ですので、会社の承諾は不要であり、原則、自由に退職することができます。

Q:会社に出向いて退職をしなければなりませんか?

A:会社に出向く必要はありません。弁護士が窓口として交渉をします。

Q:いきなり退職して会社から損害賠償を請求されたりしませんか?

A:辞職による損害賠償の請求は、法的には、ないとは言い切れませんが、例としては少ないですし、弁護士に依頼しておけば、会社から請求があった場合でも、弁護士が対応致します。(但し、労働審判、訴訟等になった場合には、別途費用がかかります。)

Q:家族に知られたくないのですが可能ですか?

A:弁護士からの連絡はメール又は電話のみでも可能です。また、会社にも、家族等へ連絡をしないように申し入れることができます。

Q:未消化の有給休暇があるのですが、消化できますか?

A:有給休暇は法律上の権利ですので、有給休暇消化後の退社もしくは有給休暇の金銭による買取りを請求することができます。

Q:未払いの残業代はもらえますか?

A:タイムカードなどで残業時間を立証できれば、未払い残業代の請求は可能です。

Q:離職票等の退職後に必要な書類はもらえますか?

A:離職票の発行や貸与物の返却等についても、弁護士が窓口となって会社とやりとりをします。

Q:保険証や身分証明書などの会社への返却物はどうすればいいですか?

A:ご依頼者様ご本人から会社宛にご郵送を頂くか、最終出社日に会社に置いてきて頂くかということで対処できます。

ご利用の流れ

お電話・メールにてご予約のうえ、ご相談

お電話・メールでご予約頂ければ、迅速・スピーディーに対応致します。

委任契約の締結とお振込み

委任契約締結後に弁護士費用をお振込み頂きます。

退職代行の実施

多くの場合、内容証明郵便にて、会社宛てに退職通知書を送付します。
その後、会社から問合せがあっても、基本的には弁護士が代理人として対応します。

まずはお気軽にご連絡ください。078-335-5037受付時間
平日9:00〜19:00
土曜9:00〜17:00

メールでのお問い合わせはこちら