離婚の種類

離婚と一口に言っても、たくさんの種類があることはご存知でしょうか。 日本における離婚問題は協議調停裁判の順序で進んでいきますが、近年では早期から専門家に相談するケースが増えています。 納得のいく離婚をするためにも専門家である弁護士に相談することをお勧めします。以下、離婚の種類を簡単にご説明させていただきます。 【離婚の種類】協議離婚当事者間の話し合いによって成立する最も簡単な離婚方法。他の離婚方法と比べて費用や時間がかからないのが特徴です。但し、夫婦間の合意が必要になります。詳細は下記ページをご参照ください。 協議離婚について調停離婚:これは裁判ではなく家庭裁判所の調停委員という第三者を含めた話し合いです。裁判のように強制力は無く、相手方が離婚に応じない場合に調停は不成立となり、裁判に発展します。日本では「調停前置主義」があり、調停を飛び越えて協議から裁判に移行することはできません。 詳細は下記ページをご参照ください。
>調停離婚について(ページ準備中)
  ③ 裁判離婚:協議、調停の内容に納得ができなかった場合は裁判による解決を目指します。ただし、裁判で離婚が認められるためには、法定の「離婚原因」がなければなりません。また裁判は一般的に8ヶ月から12ヶ月ぐらいの期間がかかり、複雑な場合、数年の期間がかかることがあります。 離婚問題は協議、調停、裁判と進むにつれて問題が長期化し肉体的な負担だけではなく、精神的・費用的負担も大きくなります。早期から弁護士が介入することによって、結果が変わることもあります。詳細は下記ページをご参照ください。 裁判離婚について 当事務所では依頼者の皆様に納得してもらうために様々なプランをご用意させていただいております。是非一度、当事務所にご相談ください。

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ