財産分与時の不動産売却の仲介手数料について

離婚の手続中に、財産分与を行うために自宅不動産を売却しなければならない場合には、多くの方は不動産業者に媒介を依頼し仲介してもらうことになると思います。その際に不動産業者との間で発生する仲介手数料について簡単にご説明したいと思います。 仲介手数料とは売買契約が成立した際に、売り主と買い主がそれぞれ不動産業者に支払うもので、この仲介手数料には宅地建物取引業法による上限の制限があります。 すなわち、売買価格が ・200万円以下の金額:5%+消費税 ・200万円を超え400万円以下の金額:4%+消費税 ・400万円を超える金額:3%十消費税 400万円を超える物件については、上記各金額部分について、それぞれ計算方法が違いますので、概ね、売買価格×3%+6万円+消費税という速算法を用いて計算します。 ただし、上記のとおり、あくまで、これは上限ですので、不動産業者によっては、手数料半額などのサービスを行っているところもあります。 また、上記上限を超える手数料を提示してくる、あるいは、あたかも上限額が法律で一律に決められた手数料であるなどの説明を行う業者にはご注意下さい。 支払方法については、一般的には契約締結時に仲介手数料の50%を支払い、引き渡し完了時に残りの50%を支払うことが多いです。

交通事故・離婚【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ