財産分与について

財産分与とは、結婚してから夫婦が協力して築いた財産を離婚するにあたって分配することをいいます。

財産分与の対象となる財産

財産分与の対象となるのは、基本的には、結婚期間中に夫婦が共同で形成した財産(夫婦共有財産)に限られます。これには、共有名義のマイホームや自動車や現在の勤め先の予定退職金など結婚後に夫婦が協力して築いた共有名義の財産だけでなく、どちらか一方の名義になっているものの、結婚後に夫婦が協力して築いた財産である預貯金、株、不動産、自動車なども含まれます。 他方、結婚前から有していた財産や、結婚後であっても親兄弟から贈与されたものや相続財産などの相手の協力なしに取得した財産(特有財産)については、一般的には財産分与の対象となりません。  

分与の割合はどのように決めるか?

大前提として、財産分与に当たっては、自分名義の財産だから自分のもの、という訳ではありません。考え方としては、夫婦それぞれの財産形成に対する貢献度によって決まる、とされています。 しかし、財産形成に対して、どちらがどれだけ貢献したかを判断するのは非常に難しい問題です。 原則としては、夫婦が5:5で分け合う「2分の1ルール」が定着しています。 但し、医師や自営業などで、相当な高収入の方のような場合には、2分の1ルールが適用されない場合もあります。     以下のような事でお悩みの場合は、弁護士にご相談ください。   ○財産分与について、どこまで主張できるか知りたい ○住宅ローンが残っている自宅の財産分与について知りたい ○財産分与について、相手との間に意見の違いや争いがある  

当事務所の解決した財産分与に関する事例はこちら

連帯債務の住宅ローンである住宅の売却を調停中に行い、婚姻前の貸金の返還を約束して調停離婚をした事例

住宅の財産分与に加え約800万円の財産分与を行うという条件で調停離婚をした事例

居住不動産の夫側持分を譲渡し、扶養的財産分与として約1000万円を支払う条件で調停離婚した事例

離婚調停で不動産を確保し、年金分割をした事例

夫の代理人となり、妻に自宅の名義を渡し、裁判上の和解で離婚が成立した事例

 

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ