離婚と年金の問題

「離婚したら年金ってどうなるの?」 年金の問題は熟年離婚でよく問題となりますが、若い方の離婚でも将来もらえる年金が少しでも増えるというのは重要なことです。 公的年金には、皆が加入する国民年金と、サラリーマンなどがもらえる厚生年金があります。 離婚をする場合に問題となるのは厚生年金です。 厚生年金を受け取ることができるのは、被保険者のみです。 夫が働いて、妻は家事に専念するといった場合、妻が受け取ることができる厚生年金はない、あるいは結婚前に働いていた分のごくわずかであるという場合が少なくありません。 離婚する場合、夫の厚生年金の保険納付実績を分割することができます。 これを年金分割といいます。よく誤解されているのは、年金を半分にするという考え方です。それは間違いで、正しくは、分割をするのは厚生年金部分について、保険料払込期間の内婚姻期間について分割するということになります。 分割割合は、話し合いによって決め、最大2分の1までですが、現在の実務ではほとんどの場合2分の1で決定されます。 通常、離婚調停で話し合いをする場合には、年金分割についても話し合いの対象になりますが、離婚した後でも2年以内であれば、家庭裁判所の調停で分割割合を決め、年金分割をすることが可能です。 年金の問題はそれぞれの生活設計に大きな影響を与える問題なので、専門の弁護士に相談し、正しく理解することをお勧めします。

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ