婚姻費用と預金の持ち出しについて

別居の際、妻(夫)が当座の生活費のためにやむなく夫婦共有の預貯金の一部を持ち出した場合、婚姻費用分担調停の際に、夫(妻)側から、預金を使って生活するべきであり、婚姻費用は支払わない、あるいはその分控除するなどと主張される場合があります。   しかし、これについて、その預貯金の処理については、離婚時の財産分与で処理されるべきであり、婚姻費用を分担させることが義務者に酷と思われる事情がない限り、原則として、婚姻費用の分担額算定に当たっては考慮すべきではないとされた審判例もあり、婚姻費用というのは別居をした配偶者の生活保障に第一次的な意義がありますから、私たちはそれが正しいと考えます。   ただし、この審判例も確定的なものではなく、裁判官によっても考え方は分かれるでしょうし、調停委員によっては、上記のような考え方の理解なく、一方的に控除してしまう方もいらっしゃいます。   このような主張や調停委員に対しては、弁護士を付けて文献を示すなどして適切な反論をしていく必要があります。ただし、預金を持ち出してそれを返さなくて良くなるわけではなく、いずれ財産分与の際には別居時の財産で分与されてしまうことにはなりますのでその点にはご留意下さい。  

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ