子ども名義の学資保険と財産分与

学資保険と財産分与

学資保険は、主に進学時等の時期に学資金が給付される子供のための積立貯金・入院等の医療保障・子供の死亡保障等の目的があるほかに、契約者(親)に万一のことがあったときにその後の掛け金の支払を免除されるといった性質があります。 この学資保険は、契約者が夫か妻、被保険者が子とされている場合がほとんどです。 そうすると、子どもの財産であり、財産分与の対象とはならないかのようにみえますが、夫婦の財産を使って保険料を支払っている以上、基本的には財産分与の対象となります。

財産分与の方法

そして、この場合の財産分与の方法としてまず考えられるのは、学資保険を解約して返戻金を受け取り、それを夫婦で分配することが考えられます。 もっとも、保険というものの性質上、今まで掛けてきた保険金に比べ、解約返戻金は大幅に減額となることもあることを事前に理解しておく必要があります。 そこで、夫婦で合意ができるのであれば、子のために使うことを条件として分与の対象としないということも実務上多く見られます。子の教育費のために夫婦で掛けてきたのですから、その選択が一番スマートだとは思います。 あるいは、学資保険を分与の対象とはするが、解約はせずに、契約者を親権者へ変更し、親権者の側が別居時の解約返戻金相当額の2分の1相当の金銭を支払うという処理も考えられるでしょう。 この場合に忘れてはならないのは契約者を必ず変更するということです。

まとめ

以上述べてきたことをまとめると、子の学資保険は基本的には財産分与の対象とはなりますので、原則的には解約返戻金を2分の1ずつ分配することになりますが、子の教育費のためということを考えると、夫婦で合意して、分与の対象としない、あるいは、解約せずに契約者の変更などの処理を行うのがなるべく望まれる解決ということになります。  

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ