不貞相手の電話番号しか分からない場合の慰謝料請求

配偶者の不貞相手に慰謝料請求をする場合、相手の氏名及び住所が分かっていないと、訴訟を起こせないのはもちろん弁護士から内容証明郵便を送ることもできませんので、慰謝料請求はできません。   しかし、「携帯の電話番号しか分からない」という場合でも、弁護士に慰謝料請求事件をご依頼頂くことで、相手の氏名や住所が明らかになる場合があります。   弁護士は、弁護士会を通じて、弁護士法第23条の2に定められているいわゆる23条照会又は弁護士会照会という制度を利用することができます。これは、弁護士が依頼を受けた事件の証拠資料を収集したり、事実調査をしたりするために設けられている制度です。この23条照会には、回答を拒否した場合の罰則というものはありませんが、原則として回答や報告をする義務があるとされます。   そこで、上記のように、携帯電話番号しか分からないという場合には、この23条照会で、携帯電話番号から、携帯電話会社に、携帯電話番号の契約者名、請求書の送付先などの照会をかけることが可能ということです。一部の携帯電話会社では、個人情報の関係から回答拒否事例がありますが、回答をする会社も近時では増えつつあります。   この23条照会は事件について依頼を受けた弁護士のみが利用できる制度ですので、携帯電話番号しか分からないが慰謝料請求を考えているという方は当事務所までご相談下さい。ただし、住所の調査だけということは弁護士倫理上行うことはできませんので、慰謝料請求事件として依頼される場合に限るということにはご留意下さい。

慰謝料に関する記事

慰謝料とは

離婚はせずに慰謝料請求する

婚約破棄の慰謝料請求

不倫の慰謝料を請求された

不倫相手への慰謝料請求

不貞相手の電話番号しか分からない場合の慰謝料請求

 

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ