不倫相手への慰謝料請求

「不倫相手への慰謝料を請求できますか?」

「配偶者だけでなく、不倫の相手方に慰謝料を請求できるか」という質問を良く頂きますが、不倫の相手方に対しても慰謝料を請求することが可能です。離婚する前に、あるいは離婚はしない場合でも、不倫相手に慰謝料を請求するということがしばしば見られます。  

不倫相手への慰謝料額

では不倫相手への慰謝料はどれくらい請求できるのでしょうか。一般的に不貞行為の慰謝料というのは、不貞行為の回数や期間、婚姻関係に及ぼす影響を考慮して決まります。その金額は数十万円から300万円程度であることが多いと言えます。ただし、不貞のあった時点で既に結婚生活が破綻していたとみなされる場合には、慰謝料請求が認めなかった事例もあります。  

不倫相手へ慰謝料を請求する手順

慰謝料請求をする手順としては、まず、不倫の相手方が特定されている事が大前提ですが、慰謝料請求をする場合、まずは「話し合い」ということになります。ただし、この場合、単に「話し合いたい」と申し入れても、無視されたり、変にもつれたりする事がしばしばです。 弁護士に相談されれば、弁護士名で内容証明を送った上で、相手方の出方を見ることになります。この場合、弁護士名で内容証明が送られてくると相手方も弁護士をつけたり、それなりの対応をしてくる効果があると言えます。  

以下のようなことでお悩みの方は、弁護士にご相談ください。

○不倫相手に慰謝料を請求したい。 ○不倫相手に慰謝料を請求したいが、修羅場にはしたくない。 ○離婚する気はないが、不倫相手に慰謝料を請求すべきかどうか、相談したい。 ○慰謝料の金額として、いくらが妥当かを相談したい。

慰謝料に関する記事

慰謝料とは

離婚はせずに慰謝料請求する

婚約破棄の慰謝料請求

不倫の慰謝料を請求された

不倫相手への慰謝料請求

不貞相手の電話番号しか分からない場合の慰謝料請求

 

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ