清算条項とは

離婚協議書作成や離婚調停の際に、よく清算条項を入れるべきと言われると思います。 この清算条項というのは、離婚協議や調停の当事者間で互いに他方に対する請求権を放棄する合意をすることを言います。   具体的な文章としては、ほとんどの場合、「当事者双方は、本件離婚に関し、本調停条項に定めるほか、何らの債権債務が存在しないことを相互に確認する。」という文章とされますが、公正証書の場合公証人によっては、「甲及び乙は、本契約に定める以外には、名目の如何を問わず、相互に金銭その他の請求をしないこととする。」などとされることもあります。   この条項を定めてあれば、原則として後日財産分与や離婚慰謝料の請求を求めることはできなくなりますが、定めておかなければ、離婚後も改めて財産分与や慰謝料の請求がなされるおそれがありますので、忘れずに定めておくことが肝要です。

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ