離婚の理由

民法で定められている離婚理由は (1)不貞行為、(2)悪意の遺棄、(3)3年以上の生死不明、(4)精神病、(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由の5つです。 (5)の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」には、暴行、虐待、勤労意欲の欠如、浪費、愛情の喪失、肉体的欠陥、性的異常、性格の不一致などが含まれますが、これらの事由によって離婚が認められるかはケースバイケースです。 一過性でなく粗暴な性格や酒乱に起因する暴行や虐待が繰り返されるようなケースは離婚が認められます。 勤労意欲の欠如や浪費で家庭生活が成り立たないようなケースも認められます。 性格の不一致というだけでは離婚はできず極端な性格の不一致のためまともな夫婦生活が営めない程度に達する必要があります。 なお、不貞行為があっても証拠がないと認められません。 暴行も同様に診断書をとって暴行の事実を立証出来ないと認められません。  

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ