不倫した側から離婚できるか

「不倫をした側から離婚できるか。」私どもの事務所ではよくこんな相談を受けることがあります。夫側から「妻と別れて、不倫相手と再婚したい」などや、妻側から「不倫している夫から離婚を切り出されたがどうしたらよいか」などの相談です。   結論的に言えば、不倫をした側からの離婚は「難しい」と言えると思われます。不倫をした側を法的には有責配偶者と言い、有責配偶者からの離婚請求は原則認められないというのが裁判所の基本的な見解だからです。   しかし、有責配偶者からの離婚請求が認められる場合もあります。これには条件があって①別居期間が長期間、②未成熟の子がいない、③離婚後、不倫された側が社会的・経済的・精神的に過酷な状況に置かれないことなど、これらの条件が満たされていれば、他の事情も総合判断したうえで、不倫した側からの離婚請求が認められる可能性があります。イメージとしては、子供が独立して、長期間別居している熟年夫婦が家などを財産分与して離婚するという形が想像できるかと思います。ですので、これらの条件を満たさない場合、つまり別居が短期間、小さいお子さんがいる、十分な財産分与・慰謝料の提示がなされないなどのケースでは有責配偶者からの離婚請求は難しいと言えるでしょう。   したがって、冒頭の相談には、夫側で相談に来られた場合は、性格の不一致など別の理由で離婚したいと妻に請求する方がよい、また、既に不倫が発覚している場合は別居を始め、子供さんが成人してから妻に離婚請求するのがよいというアドバイスをしています。逆に妻側で相談に来られた場合は、不倫した側から離婚請求は難しいのでまず不倫の証拠を集めるとよい、夫との話し合いで押し負けて離婚届に判をつかない方がよいというアドバイスをしています。

関連記事

不倫相手への慰謝料請求

不倫の慰謝料を請求された

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ