離婚届の不受理申出

協議離婚をする場合、夫婦2人が離婚届に署名捺印し、役所に提出すれば離婚は成立します。この場合、役所に出頭する必要もありませんし、署名が筆跡鑑定されることはありませんし、印鑑も必ずしも実印である必要はありません。つまり、役所に本人の意思が確認されることはありません。離婚届の形式が整っていれば、受理されてしまいます。     したがって、離婚届の提出をめぐって、トラブルが生じることがあります。例えば、離婚の話し合いの中で、自暴自棄になり、離婚届にサインして相手に渡してしまった場合や一度は離婚に納得して離婚届にサインしたが、やはり気持ちが変わって離婚したくなくなったという場合です。     このような場合に、離婚届の不受理申出という制度があります。離婚届の不受理申出とは、「離婚届を受け付けないで欲しい」という役所に対する申出であり、この申出がしてある限り、相手が勝手に離婚届を提出しても受理されません。この申出は書面によることが必要で、本籍地又は住所地の市町村役場の戸籍係に備えられている不受理申出書に必要事項を記載して申出をします。婚姻も離婚も当事者双方の意思が必ず必要であり、離婚届提出時に離婚の意思がないと離婚が有効とは言えません。ですので、本意ではないのに離婚届にサインしてしまった場合や、サインした後に翻意した場合は不受理申出を出しておかれるとよいでしょう。ただし、この制度は、不受理申出をしておけば離婚ができなくなるといったものではなく、調停離婚や裁判離婚の場合は適用されず、離婚は認められます。     ちなみに平成20年の法改正までは、不受理申出の期間が最長6ヶ月とされており、更新するには再度の申出が必要でしたが、法改正により現在は、本人が取り下げるまで無期限で有効とされています。

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ