離婚・子どもの問題

1、親権

判決において親権者を指定する場合の判断基準としては、 (1)父母の健康、精神状態、生活態度、経済状態(資産、収入)、家庭環境、住居、教育環境、 (2)父母の子に対する愛情の度合い、 (3)監護補助者の有無、補助の程度・方法、 (4)父母の再婚の可能性、 (5)離婚の有責性、 (6)子の年齢と意思 などを総合的に考慮して判断されます。

2、面接交渉権

親権を得られなかった親が子との面接を求めるのは、自然の摂理であり権利ですので、原則として面接交渉を拒否することはできません。 親権を得られない親から面接交渉の希望があれば、回数(例えば月1回)、方法について協議することになります  

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ