神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 夫の代理人となり、妻に自宅の名義を渡し、裁判上の和解で離婚が成立した事例

夫の代理人となり、妻に自宅の名義を渡し、裁判上の和解で離婚が成立した事例

1、事件の依頼

過去に調停で離婚が成立せず、婚姻費用のみが決まった男性が、支払いが滞り給料を差し押さえられたため、当事務所にご相談に来られた。過去の調停後、別居は長期に及んでおり、離婚自体は問題なく認められるケースであった。

2、当事務所の活動

まず、依頼者の給料が差し押さえられたため、半分になってしまったので、これについて対応策を講じることにした。家庭裁判所に婚姻費用不存在の調停を起こしその調停の中で、差押えを解除してもらう方向で話し合いをした。過去の婚姻費用の調停調書があるため、相手方に話し合いのテーブルについてもらうことにより、話し合いで差押えを解除してもらう狙いがあった。 その後、調停の場で住宅ローンの支払いを止めざるを得ないという主張をすると、相手方は給料の差押えを取り下げることに同意した。

3、その後の経過

相手方が申立てた離婚調停は不成立となり、裁判に移行した。離婚自体に争いはなかったため、条件面をクリアすれば、和解ができそうな感触はあった。

4、裁判の和解

妻側はどうしても自宅の土地・建物を欲しがったため、自宅を妻側に渡す代わりに、慰謝料・未払いの婚姻費用を支払わないこと、退職金についての財産分与を妻側が放棄することで和解が成立した。住宅ローンの問題も残っていたが、残りの住宅ローンを夫と妻で折半して負担することで話がついた。

5、本事例における所感

今回の事例では、依頼者が過去の調停で決まった婚姻費用を長い間支払わず、放置していたことに問題があった。老婆心ながら、何度か忠告させて頂いた。男性側が、家を飛び出し、婚姻費用を放置しておくと、驚くような金額がたまっていく。その段階で、差押えをされると、給料や退職金の半分をもっていかれてしまうという教訓をはらんでいる。 結果的に、依頼者としても長年放置しながらも気にはなっていた離婚問題が片付き、安堵されているようであった。  

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)