神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 妻の代理人となり、夫と不貞の相手方から300万円、夫とは協議離婚が成立した事例

妻の代理人となり、夫と不貞の相手方から300万円、夫とは協議離婚が成立した事例

1、事件の依頼

結婚後、間もなく不貞が発覚した夫に対して、妻は実家に帰り、別居が始まったが、離婚の話は進まず、当事務所にご相談に来られた。

2、当事務所の活動

妻は夫と離婚する意向であったので、当職が依頼を受け、さっそく夫に対して婚姻費用分担調停の申立て、夫と不貞の相手方に対して慰謝料請求を申立てることを提案し、調停・訴訟の準備に入った。当職としては、慰謝料の請求はもちろんのこと、婚姻費用を認めさせることにより、夫を兵糧攻めにする思惑があった。

3、その後の経過

婚姻費用分担調停の方は、額は大きくないものの問題なく認められた。不貞については、夫・相手方とも弁護士をつけて争ってきた。裁判は数回の期日を要し、興信所の調査報告書という証拠もあったが、相手方は最後まで不貞について否認を続けてきた。そして、最後の山場である当事者尋問・証人尋問で妻は正確に事実関係を述べたのに対し、夫・相手方はしどろもどろになる場面があった。

4、裁判の和解、協議離婚の成立

裁判の方は、慰謝料300万円で和解が成立した。夫としては、連帯債務とはいえ、慰謝料300万円と婚姻費用の両方を負担することになり、かなりの重荷となることが予想された。そして、こちらの思惑どおり、協議離婚に応じてきた。  

5、本事例における所感

今回の事例では、当事者尋問・証人尋問での攻防が裁判の結果を大きく左右した。妻は、主尋問・反対尋問で落ち着いて正確に事実関係を答えたのに対し、夫・相手方はしどろもどろになる場面が多くみられた。これで裁判所に不貞の事実があった印象をもってもらえたと思う。当職は、依頼者とかなりの時間をかけて、尋問に向けての打合せをした。事実関係を聞き取り、依頼者にも記憶を正確に思い出してもらうようにアドバイスした。それに対して、夫・相手方は準備不足の印象を受けた。裁判では期日に提出する書面も重要であるが、裁判官が直接本人達を目にする尋問での印象が裁判の結果を左右するということを改めて実感した事例であった。  

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)