神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 夫の代理人となり、妻の不貞の相手方から慰謝料200万円を獲得した事例

夫の代理人となり、妻の不貞の相手方から慰謝料200万円を獲得した事例

1、事件の依頼

30代夫婦の夫が、妻が不貞をしているということで当事務所に相談に来られた。この方は興信所に調査を頼んでおり、詳細な調査報告書を持って来られ、十分に裁判の証拠となり得ることが確認できたので、依頼を受任した。  

2、当事務所の活動

まずは、示談交渉することを目的として内容証明を送付した。興信所の調査報告書で、相手方の住所・氏名を掴んでいたため、スムーズに内容証明を送付することができた。  

3、その後の経過

期限までに、相手方が連絡して来たので、当事務所に来てもらった。慰謝料請求をする場合、請求金額を払わなければ直ちに裁判というつもりはなく、金額については話し合う心積もりは持っている。 そして、相手方は不貞については素直に認め、金額だけの問題となった。そのため、当職は調査報告書を持っていること、慰謝料請求の相場、こちらの譲れない金額を話した。すると、相手方は一旦持ち帰ると言い、後日200万円の支払いを承諾してきた。  

4、本事例における所感

本件は示談交渉で、しかも比較的短期間で解決した事例である。相手方に内容証明を送付して、連絡して来るケースとして来ないケースは6:4ぐらいであろうか。やはり、調査報告書をお持ち頂けると相手方を特定する場合も、示談交渉の材料としても大きな決め手となる。また、交渉の場面でも、調査報告書を持っていることを話すと、不貞について認めることが多いように思う。 示談交渉は、相手方が弁護士をつける場合と相手方本人と交渉する場合があり、特に相手方本人と交渉する場合は、怒号が飛び交うケース、比較的冷静に話し合いができるケースと様々である。本件は、相手方本人と直接交渉したが、比較的冷静に話し合うことができ、金額も妥当な線で解決することができた。  

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)