質問17 離婚後、親権者である父又は母が死亡した場合、子の親権者は誰になりますか。

家裁実務では、ご質問のような場合、生存している母又は父が当然に親権者になるわけではありません。この場合に、生存している母又は父が親権者となるためには、家裁での親権者を定める審判(親権者の指定又は変更)が必要であるとしています。   また、これとは別に、母又は父を子の未成年者後見人と定める審判がされれば、親権者ではありませんが、後見人として子の身上監護を行い、法定代理人となることもできます。   つまり、生存している母又は父は、親権者の指定又は変更の審判の申立てか、未成年者後見人選任の審判の申立てをする必要があるということです。  

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ