質問16 夫の不貞行為における夫婦間の示談ないし離婚調停において、不貞の相手方に対する慰謝料請求をしないという合意をすることはできますか。

そのような合意をすること自体は可能です。 もっとも、このような合意をしたとしても、その合意や調停は夫婦だけが当事者であり、当事者以外を拘束することはありませんから、妻は、不貞行為に相手方に対して慰謝料請求をすることは可能です。 しかし、その半面、夫から妻に対し、妻が合意内容を守らなかったということで、合意違反による損害賠償請求をすることも理論的には可能です。ただし、この場合に認められる額というのは必ずしも高額にはならないことには留意する必要があります。

法律事務所 絆 メニュー一覧

離婚トップ 毎週土曜・離婚・男女問題無料相談会 離婚とお金の問題
慰謝料 財産分与 養育費・婚姻費用
離婚 解決事例・実績 離婚相談のよくある質問 過去の相談実績
New! 離婚弁護士コラム お客様の声 当事務所の特徴と理念
弁護士紹介 弁護士費用 交通アクセス

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ