休業損害とは

交通事故でケガをなされた被害者が、入院や通院している間に仕事を休んだ場合、その減収分を加害者に請求することができ、この減収分を「休業損害」といいます ただし、休業損害は実際に収入が減った分に対する保障なので、休業中に給料が支給されていれば休業損害の請求はできません。   休業損害の基本的な計算の仕方は、 事故前1日あたりの収入(日額)×休業日数 となります。 ちなみに、自賠責保険では、日額5700円が最低限で、5700円を超える実額が認められ、日額19000円が最高限度です。  

職種別の休業損害の計算の仕方

サラリーマン・OLの方の場合
(事故前3ヶ月の支給額÷90日)×休業日数  
専業主婦の方の場合
(賃金センサスの女子全年齢平均賃金÷365日)×休業日数  
個人事業者の方の場合
(事故前年の所得税申告所得額÷365日)×休業日数  
失業中の方・学生の場合
(賃金センサスの男女別全年齢平均賃金÷365日)×休業日数     賃金センサスとは賃金についての統計調査結果で、厚労省から毎年発表される統計資料です。例えば、女子労働者の全年齢平均賃金は、年収355万9000円(平成23年)なので、1日あたりの収入は9751円となり、主婦の方は、日額9751円の休業損害を請求できます。

本サイトの目次

交通事故無料法律相談
交通事故 解決事例・実績
交通事故 弁護士費用
弁護士費用特約
交通事故土曜無料法律相談会開催
早い段階で弁護士に相談する意味
損害賠償3つの基準
交通事故の後遺障害
交通事故の後遺障害認定に対する異議申立
交通事故・後遺障害慰謝料
過失相殺
素因減額
休業損害とは
弁護士に依頼する場合の書類
 

soudann0001 毎週土曜日、当事務所にて開催中

交通事故・離婚【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ