弁護士費用特約

弁護士費用特約とは、任意保険に加入の際に、被害者からの損害賠償請求の弁護士費用を支払ってくれる特約です。 保険会社は、被害者になった時に、加害者に対する損害賠償請求についての弁護士費用(相談料、着手金、報酬金、印紙代等)を一定額(通常300万円限度)で出してくれる保険を特約として儲けており、これに加入している方も多くなっています。 被害者になった時、ご自分で契約している任意保険に弁護士費用特約がついているか確認してください。 当事務所は、弁護士費用特約付き保険に加入しておられる方は原則としてこの保険を利用して事件をお引き受けします。弁護士費用特約利用の場合は保険会社からの獲得額はすべて依頼者の方に支払いますので、依頼人のお得感は大きいです。 近年弁護士費用特約を利用して事件を受任することが多くなりました。私もここ2、3年で10数件弁護士費用特約を利用して事件を受任しています。特に少額の物損事件については弁護士費用特約がないと費用は自腹ですので受任できない場合があります。私は修理費用12万円を保険会社が支払いを拒否した事件と国産の普通車のため8万円の評価損を認めない事件について弁護士費用特約を利用して訴訟を提起して和解で解決しました。  

当事務所が過去に解決した事例の一部を紹介します。

①裁判の結果9700万円で和解成立 ②示談交渉の結果6200万円で成立 ③示談交渉の結果592万8199円で成立 ④示談交渉の結果916万2666円で成立 ⑤示談交渉の結果312万9691円で成立 ⑥保険会社の提示額より323万8700円増加(6.21倍) ⑦保険会社の提示額より347万4900円増額(5.84倍) ⑧保険会社の提示額より441万3334円増額(5.91倍) ⑨保険会社の提示額より150万円増額(5.0倍) 詳しくは解決事例ページをご覧ください

交通事故の判例の判例のご紹介。

  ①脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)に関する判例のご紹介 詳しくは判例紹介ページをご覧ください  

本サイトの目次

交通事故無料法律相談
交通事故 解決事例・実績
交通事故 弁護士費用
弁護士費用特約
交通事故土曜無料法律相談会開催
早い段階で弁護士に相談する意味
損害賠償3つの基準
交通事故の後遺障害
交通事故の後遺障害認定に対する異議申立
交通事故・後遺障害慰謝料
過失相殺
素因減額
休業損害とは
弁護士に依頼する場合の書類
 

soudann0001 毎週土曜日、当事務所にて開催中

交通事故法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ