神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 不貞の慰謝料を500万円から350万円減額した事例

不貞の慰謝料を500万円から350万円減額した事例

依頼者:不貞をした女性配偶者 相手方:夫

事案の概要

結婚約4年子一人の夫婦において、妻が男性と不貞の末妊娠出産し、夫から、不貞を理由として500万円の慰謝料を請求された事案。  

弁護士のコメント

夫の代理人弁護士から、妻及び不貞相手の男性に対して500万円の慰謝料請求訴訟が提訴された後に当職らが妻側の代理人に就任し、不貞相手の男性には別の弁護士が代理人に就任した。 不貞関係自体に争いはなく金額面での和解交渉となった結果、総額150万円の慰謝料を分割で支払っていくことで和解が成立した。  

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)