神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 不貞の慰謝料を300万円から130万円減額した事例

不貞の慰謝料を300万円から130万円減額した事例

依頼者:不貞をした男性 相手方:不貞相手の夫

事案の概要

結婚約1年半の夫婦の妻と不貞を行った男性が、夫から不貞を理由として300万円の慰謝料を請求された事案。  

弁護士のコメント

夫の代理人弁護士から依頼者に対して300万円の慰謝料請求の通知が電話であった後に当職らが依頼者の代理人に就任した。 依頼者と協議の上、速やかに解決したいとの意向から、慰謝料金額についてはある程度譲歩するとの判断をし、婚姻期間の短さ等から170万円の一括支払を相手方代理人に提示した。すると、すぐにOKの回答が得られ合意に至った。 本件は受任後わずか1週間で解決に至ったケースであり、事案からすると高額な解決とはなったが、弁護士介入により速やかな解決に至れたものと思う。  

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)