神戸の法律事務所 絆 HOME >> 交通事故トップ >> 交通事故 解決事例・実績 >> 後遺障害等級第14級(頚椎捻挫)事案で示談交渉により約150万円増額した事例

後遺障害等級第14級(頚椎捻挫)事案で示談交渉により約150万円増額した事例

依頼者:40代女性

1、事案の概要

4年前の追突事故から1年半通院して後遺障害等級14級を認定された。その後、逸失利益、慰謝料等の交渉に行き詰まり当職らに依頼。

2、弁護士のコメント

後遺障害認定後、相手方保険会社より金額の提示があったが、慰謝料、逸失利益等いずれも自賠責基準の低い金額の提示であったころから、当職らから裁判基準に引き直し再請求したところ、依頼前に比して約150万円増額が叶った。 過失割合等争いの少ない事案であったため、交渉も短期間で終了し、弁護士の介入に十分な意味のある事案であったと思われる。

交通事故法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)