神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 150万円の解決金を引換えに離婚した事例

150万円の解決金を引換えに離婚した事例

依頼者:妻 相手方:夫

事案の概要

結婚して数年で別居に至り、夫が性格の不一致を理由に離婚調停を起こしてきた事案

弁護士のコメント

当職が介入前に既に3回の調停が終了していたところから受任するに至った。妻としては、あまりに一方的な離婚でこのまま受け入れることはできないということであった。受任後、調停に同行し、妻の主張を伝えたところ、調停委員からも解決金名目での支払で離婚を考えられないかという提案があり、最終的には上記の金額で合意するに至った。妻としては、それでも納得のいかない部分はあるであろうが、せめてもの解決金を獲得できたことで弁護士に委任する意味はあったと思われる。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)