神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 離婚調停で解決金約300万円を獲得した事例

離婚調停で解決金約300万円を獲得した事例

依頼者:夫 相手方:妻

事案の概要

妻が家を出る形で別居が開始し、その後調停を申し立てた事案。

弁護士のコメント

当該事案は、妻は、調停申立段階から弁護士に委任、夫は調停途中まで本人で行っていた。夫からは、一方的に出て行かれた挙句住宅ローンの負債も負わされ、この結果では納得できないとの相談があり、当職らが受任した。調停において、妻側においては家計の状況から解決金としては気持ち程度の金額しか捻出できないとの申し出があったが、夫としては、あくまで納得のいく金額でなければ訴訟やむなしという考えであったことから、当方は調停でも一歩も退くことはなかった。最終的には、解決金を分割で支払うとの内容に妻側が応じることとなり、上記内容での調停が成立し、調停の解決金としては高額のものとなった。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)