神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 連帯債務の住宅ローンである住宅の売却を調停中に行い、婚姻前の貸金の返還を約束して調停離婚をした事例

連帯債務の住宅ローンである住宅の売却を調停中に行い、婚姻前の貸金の返還を約束して調停離婚をした事例

依頼者:妻 相手方:夫

事案の概要

夫から離婚の申し出があり、妻としても離婚については納得していたが、連帯債務の住宅ローンのある住宅についての話し合いがつかず、弁護士介入となった。  

弁護士のコメント

夫は、性格の不一致等により離婚を考え別居に及んだ。しかし、オーバーローン状態にある共有名義のマンションの処理もできておらず、婚姻前の貸金についても話し合いがついていなかったことから、当職らが介入することとなった。介入後協議を行うも、話し合いはつかず、夫から離婚調停の申立に踏み切った。オーバーローン状態の上記マンションを売却するにも、不足分をどちらが負担するかについて意見が分かれていたことから、話し合いを調停にて続け、結果的には、妻側親族がマンション購入の際の頭金の援助を行っていたことを考慮し、夫が不足分を負担することに合意し、調停中にマンションの売却手続を進めた。   なかなかマンションの買い手が見つからず一時は調停不成立の話も出ていたが、無事マンションの売却も済み、婚姻前の貸金についても離婚後の分割での支払の約束の合意もできたことから、約1年越しで調停離婚に至った。   頭金負担と不足分の負担をどう見るかについて確定的な裁判例があるわけではないが、道理上は夫側が負担すべき事案であったと思われる。協議及び調停中も双方とも譲れないラインがあり、協議から調停成立まで時間はかかったが、最終的には双方にとって納得のいく解決となったように思う。本件では、調停委員が、売却手続が難航している中粘り強く解決への道を模索してくれたことも良い解決へとつながった。調停委員とも協力体制を作り双方納得のいく解決に導けた本件は、弁護士冥利に尽きる事案であったように思う。  

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)