神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 弁護士が代理人としてついたため、1回の調停で離婚が成立した事例

弁護士が代理人としてついたため、1回の調停で離婚が成立した事例

1、事件の依頼

30代の夫婦の妻から依頼を受けた。 家計に収入を入れない夫に妻が離婚を切り出したところ、暴言を吐かれ、親権を渡さないなどと言われ、トラブルが生じた。そのため、妻が親御さんに伴われて当事務所に依頼に来られた。

2、当事務所の活動

 依頼を受け、当職としては早急に調停を申立てることを提案した。そして夫に受任通知を送り、今後は当職が妻の代理人となること、連絡は当職に欲しい旨を通知した。

3、その後の経過

受任通知を受け取った夫から当職に連絡があり、最初は激しいやりとりがあったが、相手が弁護士ということで徐々に冷静になり、最後には離婚に応じる、親権も求めないという話し合いができた。

4、調停の成立

調停前にある程度話し合いができていたため、調停の第1回期日で細かい詰めをして、短時間で調停が成立した。  

5、本事例における所感

夫婦の一方が離婚を決意し、当事者同士で話し合いの場を持ったとき、口論になり揉めることが多い。暴力までいかなくても、暴言を吐かれたり、警察沙汰になることもある。このような場合、弁護士が間に入ることによって当事者が冷静に話せることもあるように思う。また、調停などで離婚の際の取り決めを文書に残しておくことは、後々禍根を残さないためにも重要であろう。本事例は依頼を受けてから2ヶ月ほどで解決できた。若い夫婦の今後のためにも良かったと思う。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)