神戸の法律事務所 絆 HOME >> 交通事故トップ >> 交通事故 解決事例・実績 >> 専業主婦の女性と娘さんが追突され、後遺障害14級非該当であったが、示談交渉で総額398万円を取得した事例

専業主婦の女性と娘さんが追突され、後遺障害14級非該当であったが、示談交渉で総額398万円を取得した事例

1、事故発生状況

専業主婦の女性が、娘さん運転の車で自宅へ戻る途中に後ろから追突され、女性・娘さんともに頚椎捻挫・腰椎捻挫の診断を受けた。

2、当事務所の活動

女性と娘さんの両方から、事故後およそ半年後に依頼を受けた。依頼者の診断自体はいわゆるむち打ち症であったが、首と腰の鈍い痛みがとれないため、整形外科と並行して整骨院に週3回のペースで通われていた。当事務所としては、依頼者の症状固定の時期を見ながら、相手方保険会社と交渉を開始した。

3、保険会社の提示

症状固定の時点で相手方保険会社は賠償金の額を提示してきたが、その金額は非常に低いものであった。当事務所としては、これでは訴訟せざるを得ない旨伝えたところ、保険会社はおおむね依頼者が納得できる金額を提示してきた。

4、保険会社との示談交渉と結果

女性の治療費・傷害慰謝料・休業損害等の合計額  268万円 娘さんの治療費・傷害慰謝料・休業損害等の合計額 130万円 女性と娘さんの2人とも、示談交渉による和解で総額398万円の賠償金を得ることで解決することができた。  

5、本事例における所感

後遺障害14級の認定を申請したが、残念ながら非該当であった。近頃は、14級の認定は非常に厳しくなっている。この方には「お客様の声」に感謝の言葉を頂いたが、賠償金の増額もさることながら、弁護士が間に入ることによって、保険会社との対応から解放されるというメリットがあるのではないだろうか。交通事故の被害者となり、なおかつ、保険会社からは早期の治療の打ち切りやよく分からない書類の提出を迫られる。こういった二重の負担を防ぐ意味でも弁護士は防波堤になれると私は思っている。

交通事故法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)