神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 妻の代理人となり、不貞の相手方から200万円、夫から自宅の共有持分を取得した事例

妻の代理人となり、不貞の相手方から200万円、夫から自宅の共有持分を取得した事例

1、事件の依頼

40代の夫婦の妻から依頼を受けた。 不貞をした夫に妻が離婚を切り出したところ、不貞については認めていたが、夫は妻に離婚するかしないか煮え切らない態度で、当事者間の話し合いは進まなかった。  

2、当事務所の活動

妻は夫と離婚する方向で決着を着けたいと依頼に来られ、当職としては不貞の相手方に損害賠償請求を、夫に離婚調停を申立てることを提案した。当職としては、裁判・調停の両面から攻めることにより、夫に離婚の決意をさせる思惑があった。  

3、その後の経過

不貞の相手方は弁護士をつけて争ってきたが、夫は代理人をつけず、調停は本人で対応することとなった。裁判・調停ともに数回の期日を要したが、裁判の方は興信所の調査報告書という証拠があり、相手方も金額面での妥協線探るだけであった。一方、調停の方は回数を重ねるうちに、夫も離婚やむなしという態度に変化してきた。  

4、裁判の和解・調停の成立

裁判の方は、相手方から和解の申出があり、慰謝料200万円で和解が成立した。調停の方も、妻側が親権及び財産分与として自宅の共有持分を取得する調停が成立した。  

5、本事例における所感

今回の事例では、不貞の慰謝料としては高額ではない200万円という金額で和解した。しかし依頼人ご本人の希望は慰謝料というより、夫との離婚の決着と自宅にお子さんと住み続けることができる保証にあった。その意味では財産分与として、自宅の共有持分を取得することができたのは、ご本人の希望に沿う決着ができたと思う。この財産分与は、夫の慰謝料込みで、相場より多めの財産分与である。依頼人としては、お子さんの親権をとることができ、自宅も自分の名義にでき、不貞の相手方から慰謝料も取得できたのであるから概ね満足できたのではないかと思う。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)