神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 不貞の慰謝料を500万円から300万円減額した事例

不貞の慰謝料を500万円から300万円減額した事例

依頼者:不貞をした男性 相手方:不貞相手の夫

事案の概要

妻子のある女性と不貞を行った男性が、夫から不貞を理由として500万円の慰謝料を請求された事案。

弁護士のコメント

夫の代理人弁護士から依頼者に対して500万円の慰謝料請求の通知があり、依頼者からの相談を受け、当職らが依頼者の代理人に就任した。 依頼者としては、不貞行為を行つてしまったことは真塾に反省しており、お金はないのでできるだけ安くはしたいが、裁判をするよりもできるだけ相手方の 要求を呑んで反省の意を示したいとの希望であった。そこで、当職らが交渉に当たつたところ、300万円の減額が可能となったが、それ以上であれば裁判を辞さないとの姿勢であったため、示談金200万円での解決となった。不貞期間からすればやや高額となったきらいはあるが、依頼者としては、できるだけ相手方の意に沿いたいという希望であったことから、今回の解決となった。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)