神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 不貞の慰謝料を80万円獲得した事例

不貞の慰謝料を80万円獲得した事例

依頼者:妻 相手方:夫の不貞相手

事案の概要

夫が不貞をしたため、夫の不貞相手に対し慰謝料請求した事案。

弁護士のコメント

妻の代理人として、不貞相手に対し内容証明郵便にて慰謝料請求をしたところ、不貞相手は本人から直接連絡があり交渉を開始した。ところが、不貞相手はあくまで肉体関係を否定し、また支払う資力も乏しいと主張し、交渉は難航した。最終的に不貞相手が呈示した金額は80万円の一括払いであり、同種事案としては低めの金額となったが、妻としても訴訟の精神的負担も考えて、同金額で示談に至ることとなった。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)