神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 不貞の慰謝料を200万円獲得した事例

不貞の慰謝料を200万円獲得した事例

依頼者:夫 相手方:妻の不貞相手

事案の概要

妻が不貞をしたため、妻の不貞相手に対し慰謝料請求した事案。

弁護士のコメント

妻の代理人として、不貞相手に対し内容証明郵便にて慰謝料請求をしたところ、不貞相手本人から直接連絡があり交渉を開始した。本人との交渉では、100万円を出すのが精一杯との回答であったが、それでは応じられないと回答した。そうすると、不貞相手は弁護士相談をし、代理人から連絡があり、交渉を再開し、最終的には200万円を一括で支払うとの内容で早期に合意が成立した。 相手方代理人の説得により増額が叶ったと思われるが、不貞行為が相手方を傷付ける行為であることに争いはないので、ある程度の金額の支払を提案するよう説得することは早期解決にもなり双方の一応の納得にもつながるものであり、説得は代理人としての職務のように思われる。その点で、相手方代理人に恵まれ早期解決につながった事案であった。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)