神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 不貞の慰謝料を110万円獲得した事例

不貞の慰謝料を110万円獲得した事例

依頼者:夫 相手方:妻

事案の概要

妻が不貞をしたため、妻に対し慰謝料請求した事案

弁護士のコメント

結婚して数か月の夫婦において、妻が結婚前から不貞をしていたことが発覚した。夫婦間の話し合いで離婚届けは既に出されたことから、離婚後、夫の代理人として、妻に対し内容証明郵便にて慰謝料請求をしたところ、妻の代理人弁護士から離婚後の紛争調整調停を起こすとの連絡があった。 同調停にて話し合いをした結果、当初妻側は70万円程度しか支払えないと言っていたが、最終的には110万円の慰謝料支払という内容で解決した。 調停での話し合いという手段自体珍しいものではあるが、話し合いの内容自体は示談交渉と変わりはない。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)