神戸の法律事務所 絆 HOME >> 離婚トップ >> 離婚 解決事例・実績 >> 不貞による慰謝料が免除となった事例

不貞による慰謝料が免除となった事例

依頼者:夫 相手方:妻

1、事案の概要

夫が妻から、不貞を理由に離婚と慰謝料400万円の支払い及び養育費の支払いが請求されたという事案。 弁護士介入の結果、慰謝料については求めず養育費のみ算定表相場の 高いほうの額の支払いという内容で示談成立となり、公正証書の作成に至った。

2、弁護士のコメント

弁護士介入前、妻側はかなりの強硬姿勢で、通常の相場を越える400万円の額を請求し、念書を書かせていたが、弁護士介入語は、態度が軟化し、養育費の支払いのみとなった。当職らの交渉の結果というよりも、弁護士というものの介入により、態度が軟化したものと思われる。

離婚法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)