交通事故の後遺障害

1、後遺障害とは何か

交通事故に遭い治療を続けてきたが完治せずこれ以上治療を続けても改善しない段階で体に痛みや不具合が残っている場合を「後遺症」と言います。しかし治療が終了して体に痛みや不具合が残っていてもそれがそのまま損害賠償の対象となる「後遺障害」と認められるわけではありません。自動車事故の損害賠償ではある一定の身体・精神機能の障害が残った場合に限定し「後遺障害」として損害賠償の対象としています。自賠責保険では、身体・精神機能の後遺障害が残った場合に自賠責保険金の支払対象として、障害の程度(等級)に応じて1級から14級のどれかに該当すると判断されると定められた保険金が支払われます。被害者が自賠責保険会社に損害賠償の請求をすると、自賠責保険会社は損害保険料率算出機構の調査事務所に関連資料を送り、調査事務所はこれに基づいて後遺障害等級の認定と損害額の算定を行い、その結果を自賠責保険会社に通知し、自賠責保険会社はその結果をもとに自賠責保険金を支払います。

2、後遺障害がどの程度認められるかが損害賠償のポイント

交通事故の損害賠償において、自賠責保険で何級に該当すると判断されたのか、それとも非該当と判断されたのかは後々の損害賠償請求にとって大きな影響があります。 被害者は保険会社に任せきりにせず、上位の等級に該当するように最大限の努力をする必要があります。 後遺障害認定において極めて重要な役割を果たしているのが、「後遺障害診断書」(正確には「自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書」と言います。)です。調査事務所は顧問医などの協力を得て後遺障害診断書や被害者から提供してもらったX線、CT、MRIなどの画像により、後遺障害の有無、何級に該当するかを判断します。直接被害者本人と面談などもありませんので、後遺障害診断書は極めて重要です。後遺障害が何級と認定されるかが勝負の決め手と言っても過言ではありません。 ところが医師の中には後遺障害診断書の書き方に慣れていない方もいます。 後遺障害診断書作成前にご相談いただければ、日常生活や仕事などにおける不自由な点もきちんと書いていただくなど適切なアドバイスをさせていただきます。  

当事務所が過去に解決した事例の一部を紹介します。

①裁判の結果9700万円で和解成立 ②示談交渉の結果6200万円で成立 ③示談交渉の結果592万8199円で成立 ④示談交渉の結果916万2666円で成立 ⑤示談交渉の結果312万9691円で成立 ⑥保険会社の提示額より323万8700円増加(6.21倍) ⑦保険会社の提示額より347万4900円増額(5.84倍) ⑧保険会社の提示額より441万3334円増額(5.91倍) ⑨保険会社の提示額より150万円増額(5.0倍) 詳しくは解決事例ページをご覧ください

交通事故の判例の判例のご紹介。

  ①脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)に関する判例のご紹介 詳しくは判例紹介ページをご覧ください  

本サイトの目次

交通事故無料法律相談
交通事故 解決事例・実績
交通事故 弁護士費用
弁護士費用特約
交通事故土曜無料法律相談会開催
早い段階で弁護士に相談する意味
損害賠償3つの基準
交通事故の後遺障害
交通事故の後遺障害認定に対する異議申立
交通事故・後遺障害慰謝料
過失相殺
素因減額
休業損害とは
弁護士に依頼する場合の書類
 

soudann0001 毎週土曜日、当事務所にて開催中

交通事故法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ