soudann0001 毎週土曜日、当事務所にて開催中

法律事務所絆の強み

①交通事故事件を扱って38年の実績

経験豊富な弁護士による、親身な相談を実現。 当事務所の田中秀雄弁護士は1975年(昭和50年)に弁護士になり、38年弁護士をしていますが、田中秀雄弁護士は弁護士になる以前損保会社に5年勤務しており、また、弁護士になってからも、約20年間損保会社側の弁護士として、加害者側で交通事故事件を扱っておりました沢山の交通事故の事件を扱ったこの経験から、加害者側の保険会社や弁護士が何を考えているか、どのようなことを主張してくるのかなど、手の内は熟知していると自負しています。現在は保険会社、加害者側の事件は一切扱っておりません。被害者の方を守るためにこの知識を活用したいと思っています。

②事故直後からの相談に対応可能

交通事故の賠償額は、後遺障害の等級によって異なってきます。正しい後遺障害の等級をしてもらうためには、事故直後からの治療、検査、検査を行う時期、レントゲンやMRI・CTなどの撮り方や時期などが重要なポイントとなってきます。当事務所の弁護士は、上記の経験から、後遺障害の等級認定にも豊富な知識があります。

③ご相談、ご依頼いただきやすい料金体系

交通事故の相談については、無料でお受けしております。また、着手金も無料で行っております。弁護士費用を払っていただくのは、保険会社から賠償額を受け取ってからで結構です。また、弁護士費用特約もご利用いただけますので、弁護士費用特約がついている場合は、弁護士費用を保険会社が払ってくれるので、負担なくご依頼いただくことが可能です。弁護士費用特約を使用したからと言って、月々の保険料が上がることはありません。お気軽にご相談ください。

④土曜日無料相談(日曜・祝日も対応可)

平日に相談に来るのは難しいという方のために、土曜日も相談に対応しております。弁護士に相談したいけど、仕事や子供の面倒や、家のことで平日の相談は難しいという方も多くいらっしゃると思います。そのような方は土曜日相談をご利用ください。
また、ご希望により日曜・祝日の開催も可能な場合があります。お気軽にお問合せください。

⑤複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いですが、当事務所は基本的に2人の弁護士で初回相談から対応させていただいています。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。

⑥利便性の高い立地(JR神戸駅から徒歩5分/高速神戸駅から徒歩1分

当事務所の利点として、最寄駅からアクセスしやすいといった利点があります。 JR神戸駅からは北へ徒歩5分、高速神戸駅からは東口改札口より徒歩1分と交通の便に恵まれた立地です。 事務所が位置する神戸市の中央区南西部にある中町通りは、港町神戸の中でも商業地域の中心であり、オフィスビル、商店や集合住宅が建ち並んでいます。 港町神戸にオフィスを構え、地元・神戸の方々を中心に、日々多くの方々からご相談を受けております。

交通事故と弁護士

私は1975年に弁護士になってから約38年になりますが、民事事件の中でも交通事故事件の示談交渉や交通事故による損害賠償請求事件を数多く担当しました。

弁護士になる前の5年余り損保会社に勤務していたご縁で、弁護士になって数年後から約20年間その損保会社の依頼で加害者側で事件を担当していました。
それで損保会社の手の内は熟知していると自負しています。

交通事故の損害賠償の算定基準には、自賠責、任意保険、裁判の3つの基準があり、自賠責よりは高い任意保険の基準でも裁判基準よりは大幅に低いのです。
交通事故の被害者が弁護士に依頼せず直接保険会社と交渉すると、保険会社は被害者に知識がないので足元を見て、自賠責か任意保険の基準の金額しか提示せず裁判基準では絶対に提示してきません。

私は保険会社と示談後相談に来られた方に提示された金額の余りの低さに驚くことがあります。そしてこの方が交通事故の損害賠償の3つの基準の仕組みを知っていたら、このような低い金額で示談することはなかったのにと実に残念に思うのです。交通事故で被害を被った被害者は保険会社から正当な対価を受ける権利があるのです。

このように、被害者が弁護士費用を支払っても弁護士に依頼する意味は十分あるのです。私は弁護士費用と賠償金とトータルで考えますので、損害金を算定したところ、相談に来られた方が弁護士に依頼しても弁護士費用を支払うと被害者の方にさほどプラスにならないような場合はその旨を申し上げて弁護士を使ってもそうプラスにならないからとの理由で無理な受任はお断りするようにしています。

交通事故の相談は無料ですから、どうぞお気軽にご相談ください。

当事務所が過去に解決した事例の一部を紹介します。

①裁判の結果9700万円で和解成立

②示談交渉の結果6200万円で成立

③示談交渉の結果592万8199円で成立

④示談交渉の結果916万2666円で成立

⑤示談交渉の結果312万9691円で成立

⑥保険会社の提示額より323万8700円増加(6.21倍)

⑦保険会社の提示額より347万4900円増額(5.84倍)

⑧保険会社の提示額より441万3334円増額(5.91倍)

⑨保険会社の提示額より150万円増額(5.0倍)

⑩90代の男性が交通事故にて死亡し、保険会社との示談交渉で2320万円取得した事例


詳しくは解決事例ページをご覧ください

交通事故の判例のご紹介。

①脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)に関する判例のご紹介


詳しくは判例紹介ページをご覧ください

本サイトの目次

交通事故無料法律相談
交通事故 解決事例・実績
交通事故 弁護士費用
弁護士費用特約
交通事故土曜無料法律相談会開催
早い段階で弁護士に相談する意味
損害賠償3つの基準
交通事故の後遺障害
交通事故の後遺障害認定に対する異議申立
交通事故・後遺障害慰謝料
過失相殺
素因減額
休業損害とは
弁護士に依頼する場合の書類

交通事故問題解決の流れ

1、事故の発生と事故後の問題発生

  • 交通事故に遭った
  • 保険会社から治療費や休業損害を打ち切られた
  • 後遺症が残った
  • 家族が交通事故で亡くなってしまった
  • 保険会社から示談案が提示された

2、弁護士に相談

弁護士が適正な損害額を試算します。

初回30分は相談料は無料です。
お気楽にご相談ください。

※当事務所は予約制になっております。事前にお電話にてご予約下さい。

受付時間 平日  9:00~19:00
     土曜  9:00~17:00
※平日夜間、土曜の受付を開始いたしました。

相談時間 平日 10:00~17:00
※ただしご希望に応じて平日夜間・土日祝の相談をお受けすることも可能です。
※当日予約も可能な場合がありますので、お気軽にお問合せください。

電話番号 078-335-5037
相談料  初回30分まで無料、それ以降5,000円/30分(税別)

3、弁護士に交渉や裁判を委任

4、示談交渉開始

弁護士が保険会社に適正な損害額を請求し交渉します。

5、保険会社から再提案が提示

示談が成立すると示談書を締結し、示談が不成立になると民事訴訟を提起しその後は和解か判決で解決します。

自己発生から解決まで、弁護士が被害者に寄り添って、円満解決をめざします

交通事故法律相談【土曜無料相談会】実施中!

交通事故、離婚、遺言、相続、多重債務の初回相談は無料です

法律相談のご予約電話番号:078-335-5037

※弁護士の出張等で実施しない日もありますので、ご確認の上、
前日までにご予約ください。(平日9:00〜19:00)

▲ このページの先頭へ